小さな幸せ両手に。

小さな幸せ両手に。

エイターによる備忘録。感じたまま、思うままに。

私が関ジャニ∞を好きになったわけ(1)

私が関ジャニ∞を好きになったのは2014年の関ジャニズムに行ったことがきっかけです。
ド新規です。
好きになるまでいろいろありました。


私が関ジャニ∞と出会ったのは10年前の2007年。
本屋さんで「ほんまに関ジャニ∞!!」の1巻を見かけて、「あ、関ジャニだ。読んでみよう。」と思ってマンガを買ったのが最初の出会いです。


ところが、マンガを買ったはいいものの
当時の私は"関ジャニ∞"というグループ名は知っていても、メンバーの人数や曲、一人ひとりの顔や名前さえ知りませんでした。

そんな私でしたが、マンガを読み進めていくうちに
唯一顔と名前が一致する人物がいました。
錦戸さんです。
それでも錦戸さんだとわかったのは最後の方です。読まれた方はわかると思うんですけど、一瞬NEWSが出てくるんですよね。
それで「あ、あの錦戸か!」ってなったくらい本当に関ジャニ∞のことを何も知りませんでした。

だから、なんであの時マンガを買おうと思ったのか不思議なんですけど、なんか吸い寄せられるように本を手に取って"欲しい!"と思ったんですよね。


そして半年くらい経った時、連ドラの「有閑倶楽部」で横山さんを初めて認識します。
マンガに横山さんの話があって読んだはずなんですけど、内容もマンガの存在も忘れてましたね(笑)
その後の「ザ・クイズショウ」で完璧に横山さんを覚えました。


2007年のMステスーパーライブは鮮明に覚えています。ズッコケの衣装を着て、テレ朝の屋外を走り回って歌っている関ジャニ∞を見て「あ、関ジャニ」って思いました。
自分でもびっくりしたんですけど、私ズッコケ男道を口ずさんでたんですよね。
無意識のうちに関ジャニ∞を追ってたのでしょうか?その頃音楽はほとんど聴いてなかったのに口ずさめたのは驚きでした。


こうしてマンガをきっかけに徐々に関ジャニ∞というものを知っていきました。
丸山さんと大倉さんはドラマを見て知ったし、
渋谷さんは歌を通じて覚えました。
ただ、村上さんと安田さんはいつ認識したのか覚えてません。気づいたら名前も顔も一致してました。


関ジャニ∞の番組も見るようになりました。
見るようになったと言うとちょっと違うんですけど「ありえへん∞世界」が 始まった頃、
お父さんが面白い番組があると勧めてきたので、家族で見始めました。

勘の鈍い私は、その番組に関ジャニ∞が出てることに気付かなかったんですよね。
その後割とすぐに見るのをやめてしまってその番組も忘れてしまってましたね。
「ありえへん~」に関ジャニ∞が出てるのを知ったのはファンになってからです。

月曜から夜ふかし」もお父さんのオススメで見るようになりました。これまた、私は関ジャニ∞が出てると気付かなかったです(笑)
しばらくして気づきましたが。


まあこんな感じで関ジャニ∞との接点はいくつもあったのに私は全く気付かず、興味すら持ちませんでした。


月日は流れ、ようやく私が関ジャニ∞に興味を持ったのは2012年です。
8周年だったのでテレビでたくさん見かけました。
テレビのワイドショーで∞祭の様子が放送されていて、"関ジャニ∞のコンサートって楽しそうだな、いつか行ってみたい!"と思うようになりました。