小さな幸せ両手に。

小さな幸せ両手に。

エイターによる備忘録。感じたまま、思うままに。

認知特性というものをやってみた

完全にわたしごとです。

最近というか2,3日前にあるブロガーさんが、関ジャニ∞の認知特性についての記事を書かれていたのを拝読して(チキンなので引用できない)、すごく興味深かったので私も大学の図書館で本を借りてやってみました。

認知特性とは…?

眼や耳から入った情報を理解・整理・記憶・表現する「方法」のことで、認知特性はその人の思考や認知の「好み」であり、「どういうやり方だと自分は物事をやりやすいか?」ということです。
その人が持っている感覚によって変わることは、「皿に載った食べ物を記憶しなさない」という出題を例にするとわかりやすく、画像や映像のように見たまま記憶するのか、「ハムとソーセージと目玉焼きがある」と文字にして認識するのか、頭文字で「ハ・ソ・目」と音に出して覚えるのか、それが「感覚」の違いです。
認知特性は6つに分類されています。

【視覚優位者】
①写真(カメラアイ)タイプ…写真のように二次元で思考する。写真を撮るように記憶するので、3歳以前の記憶があったり、アニメの脇役の顔も上手に描けたりする。写真家、画家、デザイナーなど。

②三次元映像タイプ…空間や時間軸を使って三次元で考える。映像として記憶するので、人の顔を覚えるのが得意で、マンションの間取り図だけで部屋を立体的に感じられたりする。建築家、パイロット、外科医、機械技術職、舞台制作者やテレビカメラマンなど。

【言語優位者】
③言語映像タイプ…文字や文章を映像化してから思考する。他人の何気ないひと言から鮮明なイメージを抱くこともあり、比喩表現なども得意。コピーライター、絵本作家、雑誌編集者、作詞家など。

④言語抽象タイプ…文字や文章を図式化してから思考する。初対面の人を名刺の文字で覚え、ノートをわかりやすくまとめるのが上手い。内科系医師、作家、教師、金融関係者、心理学者など。

【聴覚優位者】
⑤聴覚言語タイプ…文字や文章を耳から入れる音として情報処理する。難しい話題でも、一度聞くと理解でき、ダジャレや人の言葉尻を捉えるのが上手い。弁護士、教師、落語家、アナウンサー、音を意識できる作詞家など。

⑥聴覚&音タイプ…音色や音階といった音楽的イメージを脳に入力する。音楽を一度聞いただけでメロディを口ずさめたり、モノマネや外国語の発音も上手。ミュージシャンなど。


35の質問に答えて点数を出すことで自分の認知特性を知ることができます。


私の結果はこうなりました。
①写真(カメラアイ)タイプ……22点

②三次元映像タイプ……25点

③言語映像タイプ……25点

④言語抽象タイプ……14点

⑤聴覚言語タイプ……16点

⑥聴覚&音タイプ……27点

点数が14点以下だと弱い認知特性で、15~25点は一般的、26点以上なら強い認知特性だそうです。



私の場合、⑥が27点なので聴覚&音タイプの認知特性だということが分かりました。
しかし、認知特性の弱い言語抽象タイプもあと1点あれば一般的だし、聴覚&音タイプも抜きん出て点数が高いわけでもないので、比較的バランス型なんじゃないかなと思います。
また、視覚優位の三次元映像タイプや言語優位の言語映像タイプが25点と割と点数が高いことからも、3分野のバランスが取れているのではないかなと思います。


聴覚&音タイプ(私の強い認知特性)

絶対音感があったり、CMソングなど音楽を一度聴いただけでメロディを口ずさめたり、モノマネが得意だったり、外国語の発音が上手なタイプらしい。
うーん……。どうだろう…?
当てはまってるものもあればそうじゃないものもあるな…。
絶対音感とメロディを口ずさむのは当てはまっていると思うけど(絶対音感というよりは正確な相対音感の方が合ってるのかも)、モノマネと外国語はどうだろう…。
モノマネは全くできないから当てはまってない。そもそもやらないから上手いかどうかわかんない。
外国語は微妙…。単語だけならネイティブに近い発音できてると思うけど、文になるとカタコトになっちゃう。
でも、リスニング得意だし、記憶の仕方も聴覚優位者のやり方だからこのタイプで合ってるんだろうな。

言語抽象タイプ(私の弱い認知特性)

このタイプは、わかりづらい文章を図式化するのが得意だったり、人の名前を覚えるときに文字を見て覚えたり、一番古い記憶が客観的で4~6歳ごろのタイプらしい。
また、ノートがきれいにまとめられる人もこのタイプ。
うん、全く当てはまらないです(笑)
私は図に表すのが苦手だし、人の名前は文字じゃなくて雰囲気や名前の音で覚えるし、一番古い記憶も後述する3歳以前だし、ノートはきれいにまとめられない。
中高生のときに、きれいなノートに憧れてやってみたけど、どうしてもできなくて板書通りになってしまってた。
どうせきれいに書いても見直さないし(ノートより教科書を見て覚えてた)、時間のムダだと思って先生の話を一生懸命聞いてた。
誰かの声で覚えるタイプで、テスト前とかみんなが一生懸命呟いてるのを「あ、そうだった!」って覚えて答えられたからやっぱり私は聴覚優位者なんだろうな。
みんなテスト前の休み時間はどんどん呟いてくれって思ってる。
何度助けられたかわからない(笑)


三次元映像タイプと言語映像タイプ(割と高い認知特性)

三次元映像タイプは、ある場面の時間軸の前後関係も含めてエピソード記憶として残っていたり、同じ映画をDVDで観たときに飛ばしても次にどのシーンが来るのかわかったり、「違う映画にも同じような場面がある」とか「このお店あれに出てた」とかわかったり、人の顔を覚えるのが得意らしい。
また、一番古い記憶は3歳以前で自分の目から見た情景の記憶。
これは結構当てはまってる。
唯一当てはまらないのは人の顔を覚えるのくらいかな…。

言語映像タイプは、本や小説を読むとその場面が容易に想像でき、文章よりは映像イメージとして記憶し、言語を映像化することも、映像を言語化することも得意らしい。
ファンタジーの世界観が強い人もいて、比喩が得意な人もこのタイプ。
これも当てはまってると思う。
書いてある通り、文字を読んで想像するの得意。
関係あるかはわかんないけど、マンガとか映画とかドラマとかはあんまり好きじゃない。
特に実写化は。
映画が嫌いなのは音も関係あると思うけど。
映像を言語化するのは自分ではあんまり得意じゃないと思うけど、家族や友達に話すと「あぁーー!」っていう反応がよく返ってくるから得意なのかな…?
比喩も気にしたことなかったけど、「〇〇みたい」って言うと結構爆笑取ってるかも…。



この診断やってみて、自分はこんな認知特性持ってるんだとか、確かに当てはまるとか色んな発見があって面白かった。
家族にもやってもらおうかな…。
やってもらったら追記するかもしれません。

広告を非表示にする