小さな幸せ両手に。

小さな幸せ両手に。

エイターによる備忘録。感じたまま、思うままに。

ガチ恋について考えてみた

お題「ガチ恋」
面白そうなお題見つけたので書いてみようと思います。


と思ったのですが、
"「ガチ恋」とはなんぞや?「リア恋」とは何が違うの?
え、ガチ恋って何?リア恋って何?"
と混乱状態に陥ったのでちょっと調べました。


調べた結果、
ガチ恋……担当=恋愛対象(担当とどうにかなりたい)
リア恋……担当≒恋愛対象(担当とどうにかなりたいわけではない)
つまり、「ガチ恋」は本気愛と同意羲で担当を拗らせた感じ。
プライベートで担当と繋がりたいし彼女になりたい。
「リア恋」は担当と繋がりたいとか彼女になりたいとは思わない(彼女になんてなれないとわかってる)けど、恋をしてる。
っていう風に解釈したんどすけど合ってますかね?
なんとな~く雰囲気ではわかったけど、完全には理解してない。(認知特性出てるな~)

脱線するけど、今日やっとDDの意味を知った私です。
なんとなく手広く好きな人がいるイメージはあったけど、
DDって何の略なんだろうってずっと疑問に思ってたのが、今日解決しました。
「誰でも大好き」の略だったとは……(笑)ふふ。



話は戻って、
よく「リア恋枠」って言うじゃないですか。
じゃあ「リア恋枠」って何だろう?ってなりますよね。
私もさすがに「リア恋枠」はわかる。
わかるけどいざ言葉にして説明ってなると難しいし、
わからなくなった…。
「リア恋枠」とは、
担当関係なく「もしリアルの世界で恋をするならこの人」
っていう妄想の意味で私は捉えているけど合ってます?
私の場合、リア恋枠は渋谷すばる村上信五



「ガチ恋」や「リア恋」、「リア恋枠」の定義はこの辺にして、
本題であるお題の「ガチ恋」についてちょっと考えてみました。
私はガチ恋を経験したことがないので、

私の担当である安田章大さんはガチ恋になりうるのか…?

ということを考えてみました。


結論から言うと、私が安田さんにガチ恋をすることはないです。(9月6日現在)

たまに妄想してきゅんきゅんすることもあるけど、
"アイドルだから"好きなのであって、恋愛対象にはならないからです。
主に理由は2つあります。


1つ目は私のタイプとはかけ離れてるから。
具体的なことはただディスってるだけになっちゃうからここでは割愛します。


2つ目は本当の安田章大を知らないから。

アイドルとしての俺らしか知らんやんか。
俺らのプライベートも知らんのに、
何を勝手なこと言うとんねん。

村上さんのおっしゃる通りです。*1
私はこの発言に共感しました。(でも妄想くらいさせて)
私が目にする安田さんはアイドルの安田章大であって、
素の安田章大ではありません。

関ジャニ∞というグループは、
メイキングや特典映像などプライベートに近い部分を比較的たくさん見せてくれるグループだと思います。
(他のグループは知らないから分からんけど)
だけど、カメラが回ってる以上、
アイドルとしてのスイッチが入ってると思います。
丸山さんが「丸ちゃんでいなきゃいけない」*2と言っていたように、
少なからず「見られる対象」としての意識はあると思ってます。

プライベートの安田さんを想像することはできる。
素の安田さんは怖そうとか情緒不安定そうとか。*3
でもその想像が本当かどうかは私には一生分からないし、
知る術もないです。(いや、頑張ればあるけど)

私は相手を知ってから好きになるタイプなので、
本当の彼を知らないのに好きになんてなれない。
(伝わってますかね?)



私にとって安田さんや関ジャニ∞は、
辛いときに癒しをくれて、
彼らを見たら頑張ろうと思えたり、
幸せな気分になれて、
彼らの言動では涙が出るくらい笑ったり、
嫌な事を忘れさせてくれたり、
元気をもらえる人たち。
彼らのことは大好きだけど、それ以上でも以下でもない。

その感情は憧れとか尊敬とか愛しいとかアイドルとしての好きであって、
恋愛の好きではないです。

だから、私が安田さんにガチ恋することはないです。

*1:レコメンでの発言。リア恋枠についての言及。

*2:フトコロノカタナより

*3:私のイメージ。どんなイメージやねんって自分でも思ってる。